無線テレメーター

誘導結合の100mm〜150mmの範囲制限を超える距離でセンサーデータを送信する必要があることがあります。 433MHzおよび896MHzの免許不要周波数を使用し、10-100mの範囲を有する無線リンクを組み込んだシステムが利用可能である。送信機は、回転テレメーターに使用されているのと同様のシグナル調整、エンコーディング回路 及び コンストラクション方法を採用し、優れたデータ品質と高い信頼性を保証します。

16チャンネル歪みゲージシステム - ヘリコプターブレード

テレメータ

このシステムは、ヘリコプターブレードから客室に収容された受信装置までのDC-1KHzの周波数範囲で16の歪ゲージシグナルの送信を可能にしました。送信機ユニットは直径140mm×95mmを測定し、8時間の連続測定を可能にする充電式電池を内蔵しています。

大型ディーゼルエンジンピストンからの16チャネル熱電対温度測定

テレメータ

このシステムでは、44MHzのfmラジオを使用してピストンからデータを収集しています。大きなエアギャップが発生すると、誘導電源をクランクケース内で確実に使用できないためです。送信機は80mm×60mm×8mm、重量は40グラムです。バッテリー寿命は100時間です。
 

ホイールハブからのトルク歪みと温度測定

テレメータ
テレメータ

テレメーター送信機をシャフトの内側ではなくホイールハブの外側に取り付ける方が便利な場合があります。このタイプの設置では、無線は車両キャブ内の受信機にデータを送信するために使用されます。送信機は、プライマリ又は再充電可能なセルから給電されます。 3チャネル送信機:1チャンネルトルク及び2チャンネル温度。

 日本総代理店

 ㍿ インタ-ナショナル・サ-ボ・デ-タ-

〒164-0012 東京都中野区本町4-46-9 オーチュー第6ビル4階

Tel: 03-6382-4350  Fax: 03-6382-4351

e-mail: araiyuki@isdsystems.co.jp

URL: https://isdsystems.jp