作動原理

テレメーター作動原理

 アステック社回転体用テレメーターの標準的なシステムは誘導結合を使用して、軸に取り付けられたセンサー送信機と固定ヘッドまたはループとの間のエアギャップを介して電力及びデータの両方を転送します。回転部に取り付けられた歪み、温度などのセンサーは、シグナルコンディショニングを行い、計測データをパルスコード変調(PCM)に変換する小型送信モジュールに接続されています。これは、回転体用テレメーターアプリケーションに適しており、アステック社は1977年に回転体テレメーターにPCMを適用したパイオニアです。PCMデータは新しい磁場を変調し、このフィールドはデモジュレーターユニットに測定データを転送する手段を供給します。


 誘導ヘッドによって発生した第2の磁場は、シャフト上に取り付けられたループまたはピックアップに電力を転送するために使用され、送信機への誘導電源を供給します。

 誘導電源を伝送するためのエアーギャップは約50mmに制限されています。バッテリー電源を利用することにより、エアーギャップの範囲を150mmまで拡大することができます。またアステック社は、無線が誘導結合の代わりになるより長距離のシステムも製造しています。しかしこのようなシステムは、10〜200メートルの範囲を有しているため、一般的に回転体用テレメーターの用途には必要とされません。

日本総代理店

㍿ インタ-ナショナル・サ-ボ・デ-タ-

〒164-0012 東京都中野区本町4-46-9 オーチュー第6ビル4階

Tel: 03-6382-4350  Fax: 03-6382-4351

e-mail: araiyuki@isdsystems.co.jp URL: https://isdsystems.jp