船舶トルクメータ用テレメーターシステム

アステック社は、船舶のトルクと電力測定システムを重要なクライアントに長年にわたって供給しています。: ロイヤルネイビー、オーストラリア海軍、エストニア海軍、ギリシャ海軍、ヨルダン海軍、ケニア海軍、オマーン海軍、カタール海軍、サウジアラビア海軍、米海軍、ペマリンシステム (旧 BVT 表面艦隊) ポーツマス 英国、ペマリンシステムズバローインファーネス 英国、ロイドレジスター 英国、ジンリン造船所 上海中国、STX 造船 韓国、HHI 韓国、サムスン 韓国。

 

テレメーター

トルク測定は通常、実績のあるボンディングストレインゲージ技術を使用して実行され、シャフトクランピングトルクセンシングビーム法も代替として利用できます。 測定とPCMデータ伝送のデジタルエンコーディングにより、信頼性の高い操作と16ビット(64,000分の1)の精度が保証されます。 頑丈な分割リングシャフトアセンブリは、カスタム軸径及び追加のリモートディスプレイにより作製必要に応じて組み込むことができるされています。 USBポートを使用すると、ノートパソコンを接続して船舶試運転やその他の特殊な作業を行うことができます。

 

テレメーター

トルク送信機 :  TX1116D

テレメーター

トルク送信機,TX​​1116Dタイプです。機械加工されたスチールハウジング内に回路がカプセル化されています。

分割リングに取り付けられた送信機

テレメーター

分割リングに取り付けられたトランスミッタ。側板は、単一ターン誘導ループも担持するポリプロピレンセグメントによって配置される。取り付けが簡単で、非常に強力なアセンブリです。

メイン処理ユニット

テレメーター

メイン処理ユニットとパネルスタイルのリピータディスプレイ。

典型的なシャフトの取り付け

テレメーター

ベースプレートに取り付けられた誘導ヘッドとタコメータセンサーを備えた一般的なシャフトへの取り付け。

 日本総代理店

 ㍿ インタ-ナショナル・サ-ボ・デ-タ-

〒164-0012 東京都中野区本町4-46-9 オーチュー第6ビル4階

Tel: 03-6382-4350  Fax: 03-6382-4351

e-mail: araiyuki@isdsystems.co.jp

URL: https://isdsystems.jp