​ターボチャージャー用テレメーターシステム

テレメーター

.回転速度が 60,000 RPM を超えると、ターボチャージャーローターからの歪みと温度データの収集は非常に困難になります。 アステック社は、この分野で専門的な長年の経験を持っています。 TX894D PCM 送信機は、ターボチャージャーのローターの延長軸端部分に取り付けられます。 誘導電源供給 及び シグナルのピックアップは、特注アンテナを備えたインタフェースモジュール (IL2) によって行われます。

 

ターボチャージャー送信機 - TX894D

テレメーター

TX894D の形状は25mm (軸方向) x 25mm (直径)です。ねじれ 及び 歪みシグナルを伝達するのに使用されています。 1秒あたり80万サンプルの PCM データ速度は、30KHz の帯域幅を提供します。

ターボチャージャー 送信機 TX894D + アンテナコイル      

テレメーター

誘導電源供給 及び シグナルデータは、送信機とアンテナ間の3~5mmのエアーギャップ間にて誘導結合方式にて送られます。

 

超小型 歪み送信機

テレメーター

小型ターボチャージャー送信機は、最小サイズにするためにフェライト拡張スタブを介して双方向の誘導結合を使用しています。

 日本総代理店

 ㍿ インタ-ナショナル・サ-ボ・デ-タ-

〒164-0012 東京都中野区本町4-46-9 オーチュー第6ビル4階

Tel: 03-6382-4350  Fax: 03-6382-4351

e-mail: araiyuki@isdsystems.co.jp

URL: https://isdsystems.jp